金魚草(キンギョソウ)

寄せ植えやお部屋の一輪挿しで人気のお花。人で例えると、積極的だからこそ、あれこれおせっかい焼きたくなっちゃう、人がすきだからこそ、コミュニケーション能力が抜群。そんな明るく積極的な人。

金魚草(キンギョソウ)の花言葉

  • 予知
  • 清純な心
  • 図々しい
  • おしゃべり
  • おせっかい

金魚草(キンギョソウ)とは

キンギョソウ
ガーデン・花壇や寄せ植えの花としてもおすすめ草花です。色幅も非常に多くあり、草丈が高い品種から短い品種まで幅広く品種が存在します。金魚草の品種の多くが芳香性があり、花壇に植えるだけで風にのってさわやかな花の匂いを感じることができます。

近年は、花を楽しむだけでなく、カラーリーフとして葉色を楽しめる品種もでてきており、用途が拡がっています。
梅雨の蒸れだけに注意を行えば、丈夫で強い品種です。寒冷地では、越冬は難しいかもしれませんが、氷点下0℃位の温度だと問題なく越冬します。また、葉や茎が枯れても茎と地面の地際から新しい芽が春に芽吹いてまた綺麗なお花を咲かしてくれます。

また、金魚草の種の実った房がドクロの様に見えることが一時期twitterやinstagramで話題になりました。本当に人間のドクロに見えるので育てられた際は是非、実物を見てください。

金魚草(キンギョソウ)の基本情報

名前 金魚草(キンギョソウ)
学名 Antirrhinum majus
科・属名 オオバコ科/キンギョソウ属(アンティリナム属)
英名 Snapdragon(スナップドラゴン)
和名 金魚草
分類 多年草(日本では一年草扱い)
開花時期 ほぼ周年開花(メインの開花は4月〜6月・9月〜11月)
お勧め植え付け時期 3月下旬〜5月中旬/9月上旬〜11月中旬
販売時期 ほぼ周年 ※メインの販売は3月下旬〜5月中旬、9月上旬〜11月
原産地 地中海岸、ヨーロッパ南部、北アフリカ
耐暑性 やや強い
耐寒性 強い※氷点下0℃前後だと問題なく越冬します。

金魚草(キンギョソウ)の栽培カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花期
肥料
切り戻し
種まき

商品一覧

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [13] 商品中 [1-12] 商品を表示しています
全 [13] 商品中 [1-12] 商品を表示しています
YouTubeユウキの園芸チャンネル
ガーデンパーティの 楽しみ方
メルマガ・会員登録で5%OFF
最上部へ
詳細検索
詳細検索